野々口まゆみと白岡市の未来を創る会

助け合える関係

助け合える関係

9月12日(土)新型コロナウイルスの埼玉県内の新規感染者は、37人と減少傾向です。白岡市内の保育所や幼稚園、小中学校においても感染の確認はなく、ホッとする共に感染予防に取り組まれている先生方のご苦労に感謝の気持ちしかありません。また、朝夕も少しづつ涼しくなってきたので、熱中症の心配もなくなっていきますね。

私は久々に風邪を引いてしまい、熱はありませんが咳が酷いので他の方に移さないように、 ここ2日間は自宅でゆっくり過ごしています。 夫から移った夏風邪なので、コロナの心配はありませんが。

でも、考えますよね。家族がいるので身の回りのことも助けてもらえますが、一人暮らしだったら体だけでなく心も辛いだろうなと。

コロナに関わらず、一人暮らしで病気になった時。助けてくれる人が身近にいることが重要ですね。隣に誰が住んでいるかわからない、そんな希薄な人間関係よりも、いざとなったら助け合える関係が地域で作られていること。当たり前のことだけど、一番大切だと考える時間になりました。

 

LINEで送る
Pocket

« »