野々口まゆみと白岡市の未来を創る会 白岡市議会 市議会議員

白岡市議会 市議会議員 野々口まゆみのオフィシャル・ホームページです

01月

東部地区社会教育関係委員・職員研修会に参加しました

2019年1月24日(木)今日は、東部地区社会教育関係委員・職員研修会に白岡市社会教育員として参加しました。社会教育委員向け研修は、年に数回開催されます。今日は、行田市教育文化センターみらいを会場とし全国社会教育委員連合副会長・常任理事の馬場祐次朗氏による「これからの社会教育のかたち~緩やかなネットワークによる人づくり・地域づくり~」のご講演と行田市と白岡市の事例発表がありました。

馬場氏の講演は、社会教育行政の危機から求められる社会教育。そして、子どものスマホ利用と学力の関係や基本的生活習慣の大切さと多岐にわたりました。

白岡市は、「町ぐるみん白岡」の副会長・浅野悦子氏がその取り組みについてお話をされました。私は、「町ぐるみん白岡」の発足から携わり、広報委員として2年間活動をいたしました。現在は、埼玉県ネットアドバイザーの野々口眞由美として会員になっています。「町ぐるみで子どもの様々な問題に取り組もう、見守ろう!」ということで、「町ぐるみん白岡」という団体名になりました。校長先生やPTA関係、市議、スポ少、家庭教育アドバイザーなどいろいろな立場の方で構成されているため、今後の発展も多いに期待できることを本日の発表と馬場氏の助言から知ることも出来ました。

子ども食堂「はらいっぱい」のお手伝い

2018年4月にOPENしたこども食堂「はらいっぱい」は、第1、第3土曜日の17時~19時まで、地域包括センター・ウェルシアハウスで開催しています。殆どの食材は、フードバンクや寄付で賄うため、メニューは当日のお楽しみとなるようです。今日のメニューは、おにぎり・シューマイ・ふろふき大根・クリームシチュー。
お土産は長野県のリンゴ農園さんから頂いたリンゴでした。
立ち上げた3名の女性は勿論のこと、お料理を作る方々も全てがボランティアです。私はまだ数回ですが、いつもほんわかした温かい場所だなと感じています。きっと立ち上げた3名の優しさがあふれているからでしょうね。

試行錯誤しながらも子ども達のために全力で運営している3名のスタッフは、以前から私が尊敬してやまない方々。子ども食堂を立ち上げ、運営することは、なかなかできることではありません。お料理はお手伝いできないと思いますが、洗い物ぐらいなら…。これからもお手伝いさせて頂きます。今日もありがとうございました。

議員と語ろうに参加しました

平成31年1月14日(月)埼玉県議の岡しげおさんと白岡市議の石原とみ子さんが主催する「議員と語ろう」に参加しました。石原議員からは、生徒数減少による埼玉県公立高校の再編整備についての報告がありました。白岡高校が対象にならないという保証はどこにもなく、もし対象となってしまえば反対しても無理。昨年から県議とともに動いていることなどのお話がありました。

また、大山地区と菁莪地区の活性化のために始まっているプロジェクトについての発表がありました。若い世代の市民が地域のために、白岡市のために取り組んでいることをもっと多くの市民に周知し、互いに情報を共有し協力し合えたら、もっと活動が拡がること。そして、参加された市民からも様々な意見が出されました。

宮代町子育て相談員として

宮代町子育て支援センター・げんきっ子で、子育て相談員として勤務し8年目。2カ月に1回、げんきっ子便りとして子育てに関するコラムを掲載しているのですが、2年ほど前から紙だけでなく「みやしろで育てよっ」という子育て応援サイトにも掲載されることになりました。今回は、魔法の手✋というタイトルで、掲載されています。子育てを女性である母親だけにという事ではなく、あくまでも私が幼いころ聴いていたCMの歌を基に書いています。

https://www.kuraso-miyashiro.com/kosodate/column/1600

埼玉県ネットアドバイザー利根地区勉強会

今日は、埼玉県ネットアドバイザー利根地区の勉強会でした。
平成22年1期生としてスタートしたこの活動も今年で9年目になります。    


本日は、昨年養成講座を受講された3期生のプレゼン作りのお手伝いを1・2期生で行いました。パワーポイントのスキルを身につけながら、尚且つ自分が伝えたいことをパワポに落とし込む。3期生のみなさんにとっては、大変な作業だったと思います。でも、子ども達を守るためにこの活動をする仲間が増えることは、大変喜ばしいことです!