白岡市議会議員 野々口まゆみ

白岡市議会議員 野々口まゆみのオフィシャル・ホームページです

活動報告

明日を選択できる社会に

10月13日。
埼玉県議会 無所属県民会議主催の勉強会に約50名の議員が集まりました。

 冒頭、コンパスナビの蟻田さんが〝社会的養護という言葉をご存知の方は?″と質問されましたが、殆ど手があがりませんでした。周知されていないのは、言葉だけではなく、虐待を受けた子ども達の現状。

虐待を受け児童相談所に一時保護されたとしても、児童養護施設に入所できる子や里親に育ててもらえる子は、ほんのわずかで殆どの子は家に帰されます。
年々増加している児童虐待。コンパスナビからは、そのような現状と埼玉県の取組についてのお話がありました。

そして、現在は発信者、支援者として活動している被虐待児だったブローハン聡さんと山本昌子さんのお二人からは、生い立ちから現在の活動についてのお話がありました。

児童養護施設は18歳で退所になります。措置延長というものもあるそうですが、どちらにしても成人になる前に社会に出ていくことになるわけです。
未成年が一人で仕事に就けますか?アパートを借りれますか?
虐待の加害者である親に保証人になってもらえますか?
経済的な問題だけでなく、心に深い傷をおったまま社会に出ていくのです。

山本さんは、「孤独」が辛かった。
死にたいと思ったこともあった。と語り

ブローハンさんは、「自分で明日を選択できる社会を」と語りました。

明日が来るのが当たり前の生活をしている私は、
この言葉に一番衝撃を受けました。
毎日、壮絶な暴力を受けていたブローハンさんにとって、明日を迎えられないかもしれないという恐怖からだったのか。
虐待のない生活を選択したいという意味だったのか…
とてもとても深く重たい言葉でした。

3年前、埼玉県と一般社団法人コンパスナビが主催したトークイベントで、「社会的養護」という言葉を私は初めて知りました。
虐待から逃れたらそれで終わりではなく、支援は社会に出てからも必要なこと。

まずは、知った人から知らない人へ伝え、繋がっていくこと
一歩はそこから始まるのだと思います。
そして、彼らの話を聞いた一人一人が、何が必要なのだろうかと
きっと大人として、そして議員として考えて下さったと思います。

◆ブローハ聡さんの本が発売されました。Amazonで購入できます。
みなさんも、ぜひ”知った人“になってください。


研修会は続く

議会がない期間、議員はなにをしているのですか?そんな質問を頂きました。議員としての決まった活動もありますが、それ以外は時間の使い方はそれぞれです。連合会派では、10月17日(日)に市政報告会を開催するほか、自主勉強会の開催。また、個人では研修を受講したり、市民の方からの相談を受けたりしています。

10月1日(金)は、吹上秋桜高校の先生とSSW(スクールソーシャルワーカー:福祉的な面で児童生徒を支援する)さんのお二人から、「自助」では解決できない困難を抱えた子ども達への支援の必要性について勉強させて頂きました。
保護者の貧困、保護者の精神疾患、ヤングケアラー、虐待、発達障害、児童養護施設入居など、自分では解決できない問題を抱えている子ども達がどうやって大人になり、自立した生活を送れるようになるのでしょうか。
元々、子どもは守られるべき存在です。でも、それが叶わない生徒がいる現実に直面しているお二人の先生は、生徒だけの問題と捉えるのではなく、その生徒を取り巻く環境全てから見つめ支援をしようと日々、努力されています。
 例えば、ヤングケラー問題であれば、その生活を改善するためには、保護者に必要な支援は何かをつなぐ。そして、世話をしている妹や弟への支援は何かを考えつなぐ。そうしなければ、その生徒の問題は解決できないからです。
要は、単独支援ではなく重層的な支援を行っているのです。

 そして、4日~5日は4つの研修をオンラインで受講しましたが本日、受講した内容がまさに「福祉における重層的支援」の必要性でした。必要性というより、既に白岡市でも今年度からの5か年計画の地域福祉計画において、位置付けているものです。
 例えば、生活困窮者は複数の課題を抱えている人が多いという事から見ても、一つの課題だけを解決すれば困窮から脱出できるわけではない事がわかります。
今日の講師である同志社大学の永田祐教授は、どこの課でも、どんな相談も受け付けて、その相談に対し複数の課が集まり、どんな課題がありどんな支援が必要かを考える体制。そして一番効果的な支援を生み出す事こそが重層的支援であるとおっしゃっていました。

まさに、秋桜高校の先生方が生徒一人ひとりに対し行っている重層的支援は、教育現場として切り離すのではなく、行政と一体になって行うべきものです。なぜなら先生の異動や退職により単独的支援しか行われなくなる可能性も大きいからです。
人の異動があっても何も支障なく相談を受け、支援につなげるには
どこでも受付「入口」はたくさん。行政内部での繋がりからより効果的な支援を生み出す「出口は一つ」。これが求められているワンストップ窓口であることも学びました。

やらなければならない事は、つながる支援があるのなら、それに必ずつなげるという事です。

そして来週は、「社会的擁護を知り児童虐待を考える」勉強会です。

会派レポート配布中

9月30日。本日の朝刊に会派TSUNAGU と WAKABA合同の市政レポートを折込ました。また、細井だたし議員が会派WAKABAに入りましたので今回より、6名での報告になります。
最近は、新聞購読者も減少しているため、お手元に届いていない場合もあると思います。6名でポスティングなどもいたしますが、それでも届かない場合は、こちらの問合せからご連絡いただければ郵送いたします!

 また、紙面の関係上、お伝えできる情報が限られてしまいますので、それを補うために10月17日(日)は3回目となる市政報告会を開催いたします。2回目の市政報告会で皆様から頂いた“公共交通”についてのご意見を私たちなりにまとめたもの。9月定例議会での一般質問など6人の議員から報告。さらに市民の皆様との意見交換もできればと思っていますので、ぜひご参加ください。

◆令和2年度一般会計歳入歳出決算における議会の主な事業は
❶インターネット中継…1,056,000円
❷議会だより(年4回)…1,312,000円
❸会議録…1,166,000円
❹政務活動費…2,160,000円(議員一人 10,000円/月)
※会派レポート(個人レポートには使えません)、各種研修費、書籍代などに使う費用です。

❶❷❸は➡http://www.city.shiraoka.lg.jp/gikai/でご覧になれます!
これだけの税金を遣わせて頂いておりますので、議会ホームページからの情報もご活用いただければと思います。

明日から緊急事態宣言が解除。と聞くとコロナが収束した様な感覚になりますが、生活をする上で注意することは今後も一緒ですね。

一般会計決算認定に賛成しなかったのは

理由は
9月3日に行った私の一般会計決算に対する総括質疑により、補助金交付に関する書類不備が9団体。さらに会計処理上の問題が明確になったにも関わらず会期中の本会議で、執行部答弁の訂正及びそれらに関する謝罪がなかったからです。

総括質疑の内容を要約すると…

❶補助金が適正に使われているのかをどのように判断しているのか。
❷決算書に添付されている補助金交付団体の年度収支報告書(補助金以外の収入も含まれている団体の1年間の収支報告)では、補助金が適正に使われたのかを判断することができない。補助金等の交付手続に関する規則で定められている実績報告書で確認したいので、翌週の委員会までに提出を求める。
❸余った補助金は返還されているのか。
❹概算払いの場合、“白岡市会計規則第48条 支出命令権者は、概算払をした経費について、当該経費に係る事務の終了後5日以内に概算払精算書を作成し、会計管理者に送付しなければならない。”とされている。
これに従い処理がされていれば、
令和2年度の決算に間に合っている。なぜ現年度処理ではなく、過年度処理としたのか。
(令和3年度補正予算で雑収入として処理されている)
※行政の会計は、会計年度独立の原則、単年度主義です。

質疑に対する答弁は…
補助金申請~交付決定までの流れの説明。そして、適正に処理がされているという内容でした。実績報告書の提出については、”検討します”といった答弁。また、”補助金は概算払いではない”。過年度処理にした理由については、その団体の会計年度に合わせるためであるとの答弁でした。

補助金の交付要綱や交付決定通知書には、”概算払い”と記載されているのに、概算払いではないとの答弁。暫時休憩を2回挟んでも納得のいく答弁は求められなかったので、質問を打ち切りました。

その後
全補助金交付団体の申請~交付確定通知書までの書類を財政課が集約したところ、補助金の実績報告書の未提出、補助金確定通知未発行など。9団体について書類の不備が見つかりました。私が所属する文教厚生常任委員会所管の補助金についても、書類の不備があり、それについて委員会で質問をしたところ部長から謝罪がありました。

規則で定められている実績報告書の提出がなく、また補助金の交付確定通知書もなく補助金が支払われており、これで次年度の予算が適正化どうかをどのように判断してきたのでしょうか。

 そして、もう一つの大きな問題は支払い方法です。地方自治法で定められている”概算払い”という言葉を使いながら、その概算払いとは意味が違うとし、通常払いであるとされていることです。地方自治法には、通常払いという言葉は存在しませんので、白岡市だけで通用する支払い方法なのでしょうか。

私の見解が間違っているのか?
確認するために埼玉県の担当課に問合せたところ、「交付要綱等で概算払いと決めてある以上、会計規則で定められている概算払いの精算に従い処理しなければならない」という見解でした。また、過年度収入は、ミスや事故による場合に仕方なくとる方法であり、現年度処理が原則であるという事も別の自治体職員に確認しました。

本会議での質問に対し、答弁に間違いがあれば本会議で訂正するのは、当たり前のことです。しかし、この事実を伝えても何もありませんでした。これは市民に対し訂正と謝罪、そして改善策が示されなかったという事です。

私は、このような理由から令和2年度一般会計決算認定に賛成しませんでした。

※精算払い(行政は基本こちらです)…事業終了後に補助金申請をした際の使途と同じであるか審査し、認められた分のみ支払われます。
※概算払い…わかりやすく言うと前払いです。事業の開始前、途中で支払われます。

9月定例議会 閉会

9月21日。9月定例議会は全ての議案が可決、認定され閉会いたしました。その後、令和4年度予算編成に関わる16項目の要望を市長に提出しました。

9月より、細井ただし議員が会派WAKABAに入りましたので、連合会派は6名となりました

《全体を貫く方針》
・人命、安全性確保を最優先すること
・内部管理経費よりも市民生活直結事業を優先すること・判断に迷った
時は、重要度よりも緊急度を優先すること
・資産として残らない消耗品的な費用や急を要さない費用は、極力削減
すること
・コストをかけずに運用でカバーできる方法を模索すること
・目標を立て、スピード感を持って対応すること

●要望●
1 公共交通について                              のり合い交通を市民の移動を保証する重要なサービスと考え、より利用が便利になる待合場所などシステムを補完する機能を検討すること。また、既存の公共交通のルートの再検討や連携など、さらには効率的利用の普及などに取組むこと

2 心のケアについて
保育と教育の切れ目のない子育て施策

3 荒廃農地の解消について
4 委託事業全般の見直し
5 通学バス事業の見直し(他の活用も検討)
6 健康寿命延伸の具体策を検討
7 不登校児童生徒へのサポート強化
  学校以外の選択肢、オンライン学習
8 出張窓口の開設を検討すること
  来庁することが困難で行政サービス が受けられない市民の為に、 
  地域ごとに定期的に窓口を開設する(集会所などを利用し、月1回
  でも)
9 通学路安全対策強化をすること
10 情報発信強化をすることSNSの活用(市民への情報発信・戦略的な
市外へのPR)広報しらおかは、配布直前の情報が掲載できる
タブロイド版の検討
11 審議会や委員会は、責務が果たせる市民を選出にすること
12 担当部署の壁をなくし、職員のアイディアを積極的に採用すること
13 補助金の交付は、規則・要綱に従い適正に行うことまた必ず検証を
行うこと
14 会計処理を適正に行うこと
15 同様の発信をしている商工会・観光協会は一本化し、
ココシル白岡は廃止すること
16 ごみゼロ運動で配布する軍手ごみ袋は廃止すること

以上、16項目を要望しました。

 さて、令和2年度決算は賛成多数で認定されましたが、私は賛成しませんでした。その理由については、次回のブログで。


理解する気持ち

不審な男にスマホで尻部分を撮られ「盗撮ではないか」と訴えたが、法令で罰せられる「盗撮」に当たらないと警察庁は判断した。男性のスマホからは、この女性の尻部分の静止画のほか、ほかの女性を写したという同様の画像も多く見つかり、「ズボンをはいたお尻が好きだった」と男性も説明した との朝日新聞デジタルの記事を読みました。

最高裁でも判断が割れるようですが、見ず知らずの人に許可もなく目的を持って体の一部を撮影されているのに盗撮にならないとは驚きです。
被害に遭われた女性がどれだけ嫌な思いをして、恐怖を感じたことか。
当事者にならないとその怖さは、わからないのでしょう。残念です。

そして、当事者という繋がりでのお話ですが。
”生理用品の学校トイレ内設置”の必要性も女性にしかわからない事なのかもしれませんね。コロナ禍において生理用品購入を躊躇するほどの困窮生活を強いられていることが”生理の貧困”という言葉で表面化されたのが今年に入ってからです。既に学校のトイレに設置をした自治体も増えているようですが、忘れてしまった、不足してしまったという緊急事にも必要なことです。

”保健室に行けばもらえる”と言っても、保健室に男子生徒がいたら?
特に思春期には、恥ずかしさもあって言い辛いものです。
これも当事者じゃないとわからない気持ちです。

”この様な学校もありますよ”と市民の方が他自治体の対応を画像付きで教えてくだいました。この画像のホルダーは、300円均一の商品です。

もっと安価にできる方法はないかと調べてみると100円均一のものを代用したり、ワインの袋を代用したり。”予算がない”とは言えない安価で設置が可能なことがわかりました。
生理用品に関しては、寄付を申し出て下さる方もおられますし、これで実現できない理由はなし!と思い

簡単な試算と画像を持ち、学校教育部長に昨日(9月21日)要望いたしました。

出来ない理由はなにもないと思います。
盗撮にしても生理用品の設置についても、当事者の気持ちを想像してみて欲しいです。



 

気持ちの良い天気

3連休。初日は雨に降られましたが残り2日間は、とても気持ちの良い天気に恵まれました。高速道路の渋滞もあったように各地で人出が多かったようですね。私は、初日は研修会で電車に乗りましたが、残り2日間は市内での活動でした。
昨日は、災害時の初動を考えるチームの会議に参加しました。初動マニュアル作成が目的で昨年からスタートしたので、もうすぐ完成になります。

また、来月開催予定の防災訓練もコロナ禍のため昨年同様、”無事ですタオル”のみの訓練になります。昨年は、無事でタオルを新調したので”門扉にかける”という対応をして下さった世帯が約6割と高かったとの報告がありました。
6割で高いのか…と思いましたが、その前は3割程度だったとのこと。

これで災害時に大丈夫かな?と心配になります。

初動の中で、班長さんが確認することは、まずは自分の受持ち班の班員宅に無事ですタオルがあるかどうかです。それが安否確認の目安になるので、重要なわけです。年に1回の防災訓練では身につかないので、例えば”偶数月の第1日曜日の朝は、無事ですタオル!”と決めるぐらいしないとではないかな?と個人的には思います。
そして目的は配布されたタオルを使用することではなく、”大丈夫です”の目印になるものを結ぶ。その行動ですよね。

そして、最終日の今日は。さくら猫・しらおかの打合せでした。
こちらの会もコロナ禍でなかなか集まることが出来ず、数人での活動になっていましたので、活動を拡げるにあたり久しぶりの顔合わせとなりました。
 また、今年度は新白岡地区を予定していましたが、把握している野良猫さんは(4匹)のTNRが既に終了しましたので、環境課の職員と一緒にまだ、把握できていない子の調査をすることにもなりました。

この連休もあっという間に終わり、明日は令和2年度決算、条例改正などの採決などが行われる9月定例議会閉会日です。
1カ月が経つのが、本当に早いです。

さくら猫・しらおか

飼い主のいない不幸な猫を減らす為に、昨年、発足し今年度から活動を始めたTNR活動を行う「さくら猫・しらおか」。


宮代町で既に活動されている”すみねこ会”さんと担当課の職員さんにご指導を頂いた宮代町モデルを目指していますが、まだまだです。

昨夜は、3匹目となる子を捕獲し本日、無事に手術を終えました。
でも、捕獲できるか?昨日はドキドキでした。
美味しいご飯で誘いだすのですが、なにせ野良猫ちゃんなので警戒心が強く、捕獲が出来ないことも考えられます。
昨夜も長時間を覚悟でしたが、

”あれっ?捕獲器のドアが閉まっちゃったね”

”え?入ってるよ。入ってる”

そんな感じで、割と早くに捕獲が出来ました。捕獲後は先住猫さんがいるスタッフの家で預かってもらいましたが、実はここが一番大変です。
先住猫にもストレスが掛かりますし、捕獲された子も勿論ストレスがかかるのでね。納屋などがあるお宅で一晩お泊りさせて頂けると助かるのですが。

手術は、公益社団法人どうぶつ基金の無料チケットを活用しているため、手術代はかかっていません。また、今年度は市の「協働の街づくりモデル事業」として補助金を頂くことができましたので、そちらから薬代など経費を出させて頂いています。ありがとうございます。

今まで白岡市では、多頭飼育の問題を把握していましたが、市への苦情も殆どない事から野良猫の把握は出来ていません。
しかし、いるんですよね。
活動が周知されれば、”困っている方からの情報が寄せられるよ!”と今夜、一緒に野良猫スポットの調査をして下さったすみねこ会さんが教えてくださいました。

そして、今夜だけで5匹の野良ちゃんらしき子を発見できました。やはり、一緒に活動すると大変勉強になります。そして、焦らずに自分達の力で出来ることを続けていこうと思っています。さらに市の環境課も協力してくださいますので、心強いです!

猫は、生後半年から妊娠は可能で、多ければ1年に3回は出産します。なので、あっという間に増えてしまいます。飼い主のいない猫が増えることで、さらに糞尿の被害や鳴き声なども問題になりますし、虐待も懸念されます。繁殖抑制を施し1代限りの命を全う出来るようにしてあげたいです。

えさやりさんとも繋がりたいです。また、野良ちゃん情報もありましたらこのホームページの問合せからご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

9月14日は

9月14日。先週の文教厚生常任委員会に引き続き、令和2年度決算について所管の教育、福祉関係について審議後、委員会として認定いたしました。委員長(斎藤信治議員)を除き、5名の委員が質疑をした中から主なものをご報告します。

●いじめ件数→令和元年113件。2年113件。 
いじめ防止対策推進委員会委員会は重大な事案を扱う委員会とされていますが、いじめの重大事案が起きてからでは遅いので、いじめ防止に力を入れて欲しいです。また、年に1回の開催で何ができるのか?といった疑問が残ります。もっと開催すべきといった意見が出されました。

●生活保護の状況は→ 
令和3年9月1日時点で219世帯(288人)
●保護に結びつかなった件数は→
63名の相談があったが保護に至ったのは27世帯。理由としては、収入が減少して不安であると言った方が最も多く、それでは保護に当たらない為、結びつかなかった。

●児童虐待について→
ネグレクト家庭が増加、166件のうち63件はネグレクト。児童相談所一時保護は、4件(乳幼児・未就学児=3名、小学生=1名)である。

●シルバー人材センターは、3つの事業がコロナ禍で開催できていないが、なぜ補助金が満額支給されているのか→
開催できていても補助金額は変わらない(すみません。意味不明で理解できていません)

●命の番人(ゲートキーパー)の人数は→
職員延べ473名が研修を受講済み

●シニア元気アップ教室(マシンを使用したトレーニング)は、コロナ禍で開催出来ていないのに、委託料から390万円が減額されているだけで1300万円が支払われているのは→
委託料は、ほぼ人件費です(そのような契約をしているというこでしょうね)それにしても開催していないのに、1300万円とは。また、390万円の減額理由はわかりませんでした。

●主に各学校で開催されている家庭教育学級の事業において、なぜ会計年度任用職員の給料が発生しているのか→
町ぐるみんしらおかの”我が家のチェックシート(アンケート)”の集計の為に11月と12月に採用している。
町ぐるみんしらおかは、補助金交付を受けている任意団体です。そこのアンケート集計を市が負担??。職員が事務局を担当しているからという答弁でしたが…これも納得は出来ていません。

この他、たくさんの質疑がありました。
決算特別委員会があるともっと深く審議がされますが、白岡市はこの委員会がありません。
私たちの会派(TSUNAGU)は、昨年も決算特別委員会の設置を望みましたが、他会派の賛同が得られませんでした。
研修先で他自治体の方にお話しをすると、この委員会がないことに、とても驚かれます。

でも現状はないので、他の委員会で質疑したいことなどは、その委員会の議員に質疑をお願いして対応しています。

夜は、地域部活動企画委員会の傍聴に行きました。
先日の有識者会議において、日本部活動学会の初代会長であり地域部活動についての先駆者である学習院大学の長沼豊教授にお話を頂いたいう報告がありました。長沼先生は、既に掛川市の地域部活動に関わっておられますし、白岡市に関わって頂けたらと願ってはいましたが、実現できるとは思っていなかったので、夢のようです。
非常にタイトなスケジュール。その中で出来ることは限られてしまいますが、委員の皆さんが非常に真剣に取り組まれており、活発な意見が出されておりました。

昨日も盛りだくさんな一日でした。

一般質問②

https://bit.ly/3nsu61x

”ネットいじめ”は、メール、掲示板、プロフサイト、ゲームサイト、LINE、SNSなど。いじめの温床となるネット空間の場所を変えて20年ほど前からの大きな課題です。9月定例議会における私の一般質問2問目は、まさにこのニュースで取り上げられている内容に関わる様なことでした。そして、この質問をした時には、このような痛ましい事件が実際に起きていることを知りませんでした。

学習用端末として学校が貸与するタブレット。
この端末の使い方として、教育委員会はどのような考えをお持ちなのか?要は、この痛ましい事件が起きた学校と同じように”失敗をさせながら学ばせる”のか ”あくまでも学習用端末であることを徹底させる”のかという事です。


貸与する側の責任として物理的対策を講じ、児童生徒のみならず保護者にも貸与されている学習用端末であることを十分に理解して頂くこと。そして、今までと同様、情報モラルやリテラシーなどを継続して伝えていく事が必要だと思います。

このような事件が起きてしまった時、学校はどんな責任が取れるのか。貸与した側の責任はどこまで生じるのか。
学習用として貸与されたから仕方なく使用させている保護者の方もおられる中、使用する側のモラルの問題だと片づけられるのでしょうか?

答弁では、あくまでも学習用端末であることを徹底するといった内容でした。有害情報の閲覧に関してはフィルタリングサーバーを使用し、どこから接続しても必ずフィルタリングが掛かる対策を講じています。
難しいのは、動画サイトです。
これは白岡市に限らず、どこの自治体でも同様の悩みだと思いますが、動画サイトに閲覧制限をかけてしまうと良質な動画を授業で使用できなくなってしまうことです。しかし、家庭で動画も見放題になってしまう。そうなると長時間利用によるリスクが懸念されます。
さて、どうしたものか…

完璧なフィルタリング。完璧に学習用だけの使用。悪口などの書き込みを物理的にさせないことは無理です。
そこは、使用する児童生徒のモラルに関わってくるところであり、未熟な子どもだからこそ保護者(大人)の関わりが大切になってくるところだと思います。

GIGAスクールも始まったばかり。様々な課題も出てくると思いますが、”どんな目的で使用させるのか”を
当初から明確にすることで、講じる対策も具体的になると思います。