白岡市議会議員 野々口まゆみ

白岡市議会議員 野々口まゆみのオフィシャル・ホームページです

活動報告

コロナワクチン接種予定

5月7日。
今年で19回目となる白岡市観光協会の定期総会に出席しました。藤井市長を会長とし、役員(理事)総勢22名と幹事2名でのスタートとなります。今年もコロナの影響を受ける事業があるかもしれませんが、来週14日、15日はオープンガーデンが開催されます。美しい花々とお庭は、心を癒してくれることと思いますので、感染症対策を万全にしお出かけください。(詳しくは、観光協会にお問合せください)

白岡市観光協会HPより

 また、藤井市長冒頭のご挨拶では、コロナワクチン接種券の発送について、お話がありました。
●5月14日 80歳~84歳
●5月21日 75歳~79歳
●5月28日 70歳~74歳
●6月4日  65歳~69歳 

ワイドショーなどテレビを見ますと、自治体同士のワクチン接種を競争させるような報道が見受けられ、残念に思います。ワクチンを希望される方にとっては、早く接種したいと思い不安になるのは当然で、どこの自治体にお住まいの方も同じです。そして、白岡市もしかり。最善を尽くして最良の体制のもと実施しようと行政も考えています。

大きな違いがあるとすれば、接種にあたる医師の人数の違いと個別接種か集団接種かだと思います。また、ワクチン接種を優先させ、通常診療が出来ない状況を作ってしまえば困るのはやはり住民ですので、バランスをとりながらの実施となりますね。

予定していた人数の予約が入らないなどの状況もうまれれば、予定より早く接種順番が来る可能性も無きにしも非ずです。
ワクチンの安定供給が進んでいるとの報道もありますので、自分の番になり接種券が届くのを待ちたいと思います。

コロナ禍の防災体制について

4月28日。総務常任委員会で所管事務調査を行いました。これは、議会がない月などを利用し、各委員会ごとに所管している事業などについて、調査をするものです。今回の調査は【コロナ禍の防災体制について】、座学と避難所体験の両方を行いました。

白岡ニュータウン自主防災会では、地区防災計画作成チームにより発災直後から避難所を閉じるまでのマニュアル作りを昨年から始めています。今回の調査では、感染症対策により避難所運営に変更があることなどを学べ、地区防災計画作成にとても役立つものとなりました。

(抜粋)
・従来は、総合受付1か所だったところが、感染症対策により要配慮者(発熱、濃厚接触者)、一般と受付が複数になること
 ・受付に携わる自主防災会、地域の住民は感染症に対する知識の習得
が必要であること
  ・総合受付で健康チェックリスト(問診)の記入があること 
・職員が3名、シフト制で避難所に入ること(災害時に動ける職員数は
300人程で、その中で198人の職員でシフトを組むことになる予定)

 また、避難所の設営は実際にテントの設営などを体験でき、こちらもとても役立つものでした。

特に大型テントの設営や片付けなどは男性の協力が必要で、細かい配慮など力仕事ではない部分は、女性ならではの視点が必須だと感じました。

 実際の災害に直面したことがない白岡市。そして、私も経験したことがないことから、災害について、あくまでも想像でしが考えることができません。地区防災計画を作成していて感じることは、“災害が起きた時にまずは、どうする?“という発災直後の行動を考えていないということです。”無事ですタオルを門扉にかけてから、班で集まって避難所に行く“という避難訓練を行っていますが、実際の災害時にパニックにならずに、このような行動がとれるのか?役割分担を明確にすることは必要だと思いますが、果たして機能するのか?など。想像からの疑問ばかりです。

その中で、今回は“感染症対策を講じた避難所”と明確なものでしたので、地区防災計画にすぐに落とし込めるものであり、自主防災会との情報共有にもとても役立つものでした。

 また、避難所開設、運営は地区住民になりますので自主防災組織は、やはりどの地区にも必要だと感じました。

そして、私たち委員が中央公民館で体験するための事前準備に藤井栄一郎市長が参加されていたことを終了後に知りました。下の画像にある空気入れもかなりの力が必要である事を身をもって経験された市長です。現場第一主義だけありますね。
避難所運営に関しての課題も自ら学んでいらっしゃる姿勢。
とても大切なことだと思います。

関口議員も体験

市政報告会 ありがとうございました

4月25日。しらおか子育て応援ラボ主催のフードドライブに、お預かりした寄付品を届けに行きました。今回も菁莪地区にある”そらのいえ”をお借りしての開催となりました。

そして、午後13時30分からは連合会派5名による初の市政報告会でした。始めに❶各議員の一般質問内容の報告❷今年度予算の説明を行い、参加者からは、積極的に幅広い質問がされました。

参加者からの要望や意見としては、
❶のりあい交通について
・増車するだけでなく市外にも運行して欲しい。せめて近隣の病院ぐらいまでは運行できるようにして欲しい ・近隣地域との連携  
→今後、提案をしていきます
❷教育委員会について
・組織編制が必要ではないか。 ・教育委員の役割と権限 ・GIGAスクールと同時にネットリテラシー教育を 
→ネットアドバイザーとして積極的に働きかけていきます
❸白岡駅西口、東口の開発について。もっと積極的に地権者へ交渉すべき
❹大山小学校 小規模特認校として存続させる必要性について
❺各自治体のワクチン本数などが新聞報道されたが、白岡市は少ない
→集団接種と個別接種での違いであり、白岡市が積極的に要求していないからという事ではありません。

これは一部になりますが終了時間の15時30分ギリギリまで、たくさんのご質問やご意見を頂戴いたしました。ありがとうございました。
今後も市民の皆様とこの様な形で対話を継続していきたいと思います。また、会場の通信環境が整い次第、オンラインでの参加も頂けるようにしていきます。



全員協議会❷

ワクチン接種についての報告がありました。

①85歳以上の方(2,300人)には、接種券が20日に発送され、その後、別便で予約についての案内などを発送。予約開始が4月30日。
接種開始が5月12日。
②ワクチンは4月26日に1箱、その後5月2日の週に1箱入荷。
 その後は未定。
③介護施設入居者は、配置医がいれば配置医が接種。いない場合でも施設で接種できる体制である。
④在宅療養などの方には、訪問しての接種を行う
⑤64歳以下の方への通知は6月以降になる見込み
⑥予約電話は、話し中状態になるのではなく保留でお待ち頂き、順番におつなぎする方法になる
⑦2度にわけての発送になったのは、当初3月に接種開始とされていたため、接種券と封筒を2月中に準備した。そして、その時点ではコールセンターの話はなかったことにより接種券と予約についての案内を別々で発送することになった

などの報告がありました。

ワクチンが安定供給されるまでは、いつ次の対象者に接種券が届くのかはわかりません。決定次第、順次ご案内をしていくとの事ですので、接種券が届くのを待ちたいと思います。なお、市公式ホームページに最新情報が掲載されますのでご確認ください。

全員協議会❶

4月22日。
全員協議会が開催され ❶第6次白岡市総合振興計画基本構想(案)❷低所得の子育て世帯生活支援特別給付金について❸新型コロナウイルスワクチンの接種について❹地域部活動推進事業について❺白岡市B&G海洋センターの利用料金改定の承認についての5つを協議しました。

 まず、第6次白岡市総合振興計画基本構想(案)は、序論、目指すべき将来像などの基本構想部分(具体的な枝葉は今後)で、4月12日に白岡市総合振興計画審議会で協議済みの内容です。
9時に始まった協議会でしたが1つ目の協議事項が終わったのが15時。今後10年の街づくりを決める非常に重要な市の最上位計画ですので、議員からは質疑や意見が活発に出されました。

白岡市公式ホームページより 策定体制

少子化、高齢化、人口減少、感染症…暗いワードが並ぶ右肩下がりの日本です。第5次総合振興計画を策定した時に今のコロナが想像できなかったのと同じで、今後10年も例えば地球温暖化による大規模な自然災害の発生が起きるかもしれないなど、何が起きるかはわかりません。

 今回、提案された序論は人口減少を前提とした街づくりのプランだと感じ、とても消極的なイメージを私は受けました。人口減少が大きな問題であることは間違いありません。しかし、さいたま市の総合振興計画の都市づくりの基本理念には「未来への希望と責任がうたわれています。 

少子化、人口減少はどこの自治体も抱えている共通の問題です。しかし、それでも人口が増えている自治体もあります。白岡市も様々な政策を打ち出し、それでも!という意気込みが感じられる10年を描いて欲しいと思います。そして、予想できない出来事は、決して悪いことばかりではないはずです。わからないからこそ、”街づくりの計画には、未来への希望が不可欠”だと私は思うのです。


協議会では、ここまで上手く言えませんでしたが、概ねこのようなことを発言しました。

市民フォーラム、パブリックコメントなどで市民の意見を届ける機会が今後もまだまだあります。”住み続けたいと思える街に”。

皆様のご意見をぜひ、お届けください。

味彩センターで

3月26日。
”しらおか味彩センター”にお買い物に寄ったところ、友人にばったり。
強風でしたが、ベンチに座りお互いの近況報告。気が付けば、話題は子育てから卒業し、仕事の事ばかりです。わずかな時間でしたが、やはり会って話すのはいいですね。お花も美しい季節になり、外で過ごすのも気持ちいいし購入したサンドイッチも美味しかったです。

 その後、5月発行予定の議会だよりの編集会議に参加しました。常任委員会の任期は2年ですので、このメンバーで議会だよりを作成するのは、今回が最後です。私は、来年度当初予算&来年度補正予算(第3次コロナウイルス対策地方創生臨時交付金)を担当しました。予算に対する総括質疑、委員会での質疑もかなりありますし、加えて補正予算の質疑もあり情報の取捨選択が難しかったです。(議会だよりの年間予算も決まっているため、紙面を増やすことも出来ないので掲載しきれない情報は市議会のホームぺージに掲載されることになります。)

 発行までに3回の編集会議を重ねるのですが、コロナ禍で時間短縮を心掛けたことにより、効率化が図られたことは良かったなと思います。
議会だよりの表紙も毎年テーマを決めています。内容は勿論ですが
どうぞ、表紙もお楽しみください。

3月22日は

🌸さくら猫の日です🌸

埼玉県では、2014年地域猫活動を行う市町村への助成を開始し、2017年彩の国動物愛護推進員への助成、そして、野良猫(地域猫)の繁殖を抑制し、殺処分ゼロを目指してきました。

埼玉県ホームページより

確実に殺処分される頭数は減っていますが、それでもこれだけの犬・猫が殺されており、今年度は3月15日現在、犬39頭、猫651頭と既に昨年度を上回っています。これは、政令都市や中核都市の数字は入っていませんので、さらに増えることになります。コロナ禍で猫をペットとして迎えた方が増えたそうですが、想像と違ったと手放す方が多いという事もニュースになっていました。
身勝手な人間の犠牲になる犬や猫。信頼していた家族に捨てられる寂しさを考えるだけでも胸が張り裂けそうになります。そのうえ、安楽死ではなく最後はガス室で苦しみながら死んでいくのです。
いつになったら、ゼロになるのでしょうか…

そして、猫の殺処分のうち約7割が子猫だそうです。(埼玉県ホームページより)不幸な猫が生まれないように、野良猫&地域猫の繁殖を抑制する。これがTNR活動です(捕獲→手術→元の場所に戻す)。
 そして、手術をした猫だとわかるようにカットしたお耳がさくらの花びらに似ていることから、さくら猫と言われています。

 また、この活動にかかせないのがボランティア団体です。昨年、”さくら猫しらおか”を立ち上げ、先進的な取組をされている宮代町のTNR活動団体”すみねこ会”さんから勉強をさせて頂いたり、捕獲現場の立ち合い、役場での受付などの見学を行いました。現在、手術を終えた子が1匹、スタッフの家におります。本格始動する令和4年度に向け、来年度は、少しづつ頭数を増やせればなと思います。
 さらに、この活動に欠かせないのが行政との連携です。宮代町との勉強会には、白岡市環境課の職員の方も参加くださいましたし、来年度予算に捕獲器の購入費が計上されました(^^)/ ありがとうございます。

 そして、殺処分される頭数の減少は、必ずしも無責任な人間が減ったとういう事だけではなく、保護団体の方々が引き出してくださった事で助かっている命が多いからなのです。

家族として迎えたのなら最後まで一緒に。
生活を共にする動物たちとの共存。
今日は🌸さくら猫🌸を知ってください。

おめめパッチリ 野良ちゃんだった くーちゃん(男の子)
”いつも邪魔して、ごめんね”って感じ。パソコンの後ろにいるのは
野良ちゃんだったのんちゃん(女の子)

杉戸町議会傍聴に

3月17日。かねてより傍聴したいと思っていた杉戸町議会に行ってきました。庁舎入口では、杉ぴょん柄の可愛い郵便ポストがお出迎え。2階の議会事務局で受付をし3階で傍聴いたしました。

白岡市議会と大きく違うのは、予算に関してのみを審議する予算特別委員会があり、それ以外の議案は各常任委員会に付託されることです。
(白岡市の場合は、所管ごとに常任委員会に付託されます)
予算特別委員会については、メリットもデメリット言われていますが
 例えば、白岡市でも議長を除く全議員が予算特別委員会の委員となり、全ての予算について審議ができるようになればいいなと思います。(その方法ができるかわかりませんが)

 また、条例の一部改正として白岡市と同様の条例改正が審議されていましたが、改正内容が違っていることや来年度の一般会計予算についてはコロナの影響を受け減額になる自治体も多い中、杉戸町は少しですが増額になることなど。どのような違いがあるのか? 調べてみようと思います。今日は、残念ながら午前中しか傍聴できませんでしたが、討論内容なども非常に勉強になりました。

そして、外に出るとキッチンカーが玄関に☕
準備中のため、何も買えませんでしたが、杉戸町内のお店の方で週2回(3回だったかも)お昼時間に営業されているそうです。食後のコーヒーと手作りのお菓子。いいですねー。

こもれびの森(図書館)に軽食が食べられる喫茶店などの要望は、以前、社会教育委員会で委員の方からもお話がありましたし、市民の方からも多く頂きますので、このようなキッチンカーでの出店でもあればありがたいですね。

議会閉会

3月16日。議会最終日に補正予算2件、人事案1件が追加議案として上程され、当初の議案と追加議案全てが可決され閉会となりました。

補正予算として審議された一つは、第3次新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金についてで、既に3月11日の全員協議会で、事業(案)についての説明を受けていたものです。
❶地域経済支援・生活支援 ❷感染拡大防止策 ❸デジタル化・キャッシュレス化と大きく3つの目的に分けられており、全21事業となります。(総額:206,557,000円)

●主な事業●
・市民の皆様に直接、届く支援としては
 有料ごみ袋(前回と同様)25,235,000円
・庁舎や公共施設、学校屋外トイレの洋式化や
 手洗い器の自動水栓化 56,562,000円
・地元応援プレミアム付商品券発行 70,000,000円
・庁舎、はぴすしらおかWi-Fi整備 7,351,000円
・窓口払い手数料のキャッシュレス化 2,927,000円

11日の全員協議会では、”和式トイレを望む声もあるので、全てを洋式にはしないこと。また、災害時(停電)を考え全ての手洗い器を自動水栓にはしない”などの説明もありました。今回で3回目となる臨時交付金ですが、この交付金のお蔭で整備されることは大変ありがたいと思います。でも、でもそれよりも一日も早くコロナが収束して欲しいと思います。

 そして、本日は3月いっぱいで退職される3名の部長から最後にご挨拶がありました。埼玉県から出向でいらしていた部長は、台風19号やコロナ、そして市長交代と激動の2年間を振り返られました。また、台風で東北道アンダーパスが浸水した時には、腰まで水につかり車の侵入を防いだ話や大晦日に新白岡駅の除雪作業をしたお話をされた部長(その様なお仕事まで…😮)。そして、激動と言えば今年度の議会は、ハラハラだったとお話された議会事務局長。思い出と共に語られたご挨拶がとても感動的でした。

桜の開花も告げられました。
春は始まっていますね。

庁舎4階にあるハイビスカス

災害に強い街ランキング

住宅情報誌SUUMO(スーモ)が発表した1都3県の災害に強い街ランキング。1位所沢市 2位和光市 3位北本市とベスト3を埼玉県が独占したことを昨日の毎日新聞(WEB)で読みました。

今回のランキングは、地盤工学会関東支部が自然災害に対する独自のリスク指標を算出した「GNS」に基づき、自然災害発生頻度と被害人口にハード、ソフト対策の充実度を掛け合わせ算出したとされています。

自然災害が多くなっている中、少しでも安全な土地に住みたいと思うのは当然のことですね。白岡市も災害に強い街だと思っていたのですが、70位までに入っていませんでした。白岡市が入っていたのは、埼玉県版・土砂災害に強い街1位です🎊 

でも、住んでみて思うのは、やはり災害に強い街・白岡市です。
次回のランキングには、ぜひ入りたいものですね。

https://www.housing-plaza.co.jp/news/blog20201108/ ←ランキングはここから

 そして、昨日は市民活動をされている方々3人が
❶みんなで公共交通をつくるには ❷人口減少はマイナスなのか ❸生活保護と貧困の3つのテーマについて勉強された事を発表する研究発表会にZOOMで参加しました。どれも大切なテーマであり、どこの自治体でも課題になっているもの。大変、有意義な時間となりました。

 しかし…
私がパソコンの前にいると必ずと言っていいほど、”遊んで”とやってくる我が家の猫たち
(=^・^=)
昨日は、抱っこしたのんちゃんとシッポが何度も画面に映りこんでしまいました。