野々口まゆみと白岡市の未来を創る会

シニアカーは、歩行者

シニアカーは、歩行者

8月15日。白岡市では3名の感染者が確認され37名となりました。既に入院されているとのことですが、一日も早いご回復を願います。

 さて、昨日スーパーに買い物に行った時にシニアカーでお店に入り、お買い物をする方を見かけました。空いている時間帯だった事とレジの店員さんも慣れているようでしたので、問題なくお買い物されておりました。

高齢化や免許返納などに伴い今後、ますます需要は増えるのでは?と思います。長時間の歩行は困難でもシニアカーに乗ることで、外出可能になり行動範囲も広がるとしたら、自立した生活を送ることができます。

 そこで、シニアカーはどのように扱われるのかを調べてみたところ道路交通法では”歩行者”。なので免許もありません。また、規格があっていれば電車に乗ることも可能とのこと。また、施設やお店などは規定はなく各々の対応に任せられているそうです。(介護保険を利用できる場合もあるようです)

 今後、増えることが予想される中、歩道整備やバリアフリー化などもさらに必要になってきます。また、お店や施設の対応も検討する必要がありますね。

急激に増えるとは考えにくいですが、1年前に比べシニアカーに乗っている方をみかける頻度は高くなっています。

LINEで送る
Pocket

« »