白岡市議会議員 野々口まゆみ

白岡市議会議員 野々口まゆみのオフィシャル・ホームページです

日々のいろいろ

目標と目的…地域部活動への移行は

今朝、お掃除をしていた時にふと思い出した、中学校時代のお友達の”たこぼー”。私は吹奏楽部でしたが、部員数も少なく、学校の楽器もボロボロ。コンクールで優勝するぞ!ではなく、ゆる~く楽しくがモットーでした。そんな吹部にある日、転校生の”たこぼー”が入部してきました。トランペットもシルバーでピカピカの自前。それだけでも注目👀ものなのに、演奏したら日野皓正並みの腕前。あんなに美しい音色を聴いたのは、初めてでした。

あの時、”なんて酷い部活に来てしまったのか”と たこぼーは 思ったはず。でも、卒業までそんな事は一言も言わずに、下手な私たちと一緒に演奏してくれました。タコボーは、楽しかったのかな?それを今朝、思ったのです。

きっかけは、Twitterで見た音楽の先生の投稿でした。
「私は吹部も合唱コンクールも嫌いだ。勝負が目的の音楽はやりたくない。まして教育という場において。音楽にとって、勝負はあくまで目標の一つであって、目的はもっと別の尊いものである。私は音楽で勝つ方法を教えるために教員になったんじゃない。音楽が人生を豊かにしてくれることを伝えたい。」

   何のための部活動なのか…考えさせられますね。

 さらに、経験のない種目の顧問になる。試合に勝てなければ保護者から抗議を受ける。休みがない…などなど。先生の労働環境から部活動の在り方を考え、地域部活動への移行が検討されていますが

10月8日産経電子版より

新聞報道から見ても課題は多く、全国的に簡単に移行が進みそうにないことがわかります。特に埼玉県では、高校受験において部活動加点があるため、地域部活動になった場合の加点を心配される保護者の声も多いと聞きます。学校部活動が廃止されず、この制度が残る限りその心配はなくならいでしょう。

学習塾のサイトより

白岡市では、モデル事業として委託を受け準備をしていますが、10月初旬、受け皿となる団体の決定。11月始動に向けて、急ピッチで体制づくりが進められていることと思います。


久しぶり

パソコンの文字入力の不具合(入力した文字列が繰り返し表示されてしまう)でブログ更新ができずご無沙汰してしまいました。

9月11日。昨日は、実家の母を連れて父の眠る霊園に行ってきました。千葉県なのに東京都管理の大型の公園墓地です。89歳の母が電車を乗り継いで片道2時間は、もう無理です。
改めて考えさせられたことは、お墓を守ることの大変さです。お墓参りに行くこともそうですが、管理の大変さもです。墓石だけでなく様々な樹木を植えている立派なお墓が多くあります。昭和40年、50年代は、このような墓地が当たり前だったのかもしれませんね。しかし、管理が行き届かず草は生い茂り、樹木も伸び放題の墓地が目立つようになってきました。
綺麗なお花は供えられているのに、剪定までは出来ていないところも。


我が家も母一人では、墓地をきれいに保つことは既に不可能です。少子化、高齢化の問題はこのような所に現れているのですね。
そして、無縁仏になってしまった時に更地として返還しなければならず、その費用が何百万もかかると聞きました。

ご先祖様を供養することの大切さだけでは、守り通せないのだなと
つくづく感じました。

現代では、全天候型の墓地やネット上の仮想墓地供養など。様々な形態が出ていますね。”お賽銭をカード払い”でという神社が出てきた時には、非常に驚きましたが、今はPayPay利用も可能だとか。
それぞれの時代に合わせ、実情に合わせ変化が求められていくものですね。

それにしても、どこもかしこも渋滞の昨日でした。緊急事態宣言下、電車を避ける方が多いからでしょうか。

仏師・加藤巍山

8月22日(日)の情熱大陸をご覧になった方なら、もうおわかりだと思います。私は、昨夜TVer(無料テレビの見逃し配信)で視聴しました。

埼玉県白岡市在住の仏師・加藤巍山。

情熱大陸Twitterより

私は、彫刻や絵画など美術の知識は全くなく語れるものは、何もありません。なので、私ごときが感想をお伝えするのもおこがましいのですが…

少しだけ形どられた木のかたまりが仏像になっていく様子。そして、何が行き詰った理由かはわからないけれど、創作途中で涙を拭う姿。

見たまま感じたままの気持ちだけで言うと、
完成したというよりも”命が宿った”でした。

白岡市の自宅が工房。
白岡市は白岡市でも全く別の世界がありました。

Youtubeでも他の番組などがご視聴できます。
まずは、”加藤巍山”で検索してみてください。

仏師=魂を宿らせる人
私はそう感じました。

匿名の手紙

8月2日。自宅郵便ポストに届いたのは、匿名の封書です。
中には、以下の写真のみ。

ぼかしています

現職の国会議員である土屋品子氏の国政報告会の時の写真だと思いますが、藤井市長や宮代町の新井町長が写っています。
会場にいる方は、自民党の方々でしょうか。
写真のアングルからいってステージ下からの撮影のようですね。

匿名の差出人が、この写真を私に送ってきた目的。
みなさんは何だと思われますか?

確認にしたところ連合会派の議員には届いていないとのことでした。
この写真を見たからといって別に何もありませんが、
匿名で送られてくる行為が気味悪いですし、怖いです。
今日もポストを開ける時に身構えてしまいました。

そういえば、前回の議会で補助金について一般質問した際「観光協会には自民党の○〇さんや〇〇さんがいることを知っているか」と関係者から、脅しとも取れることを言われ怖さを感じたばかりです。




オリンピック

7月26日。スケートボード女子ストリートでは13歳の西矢さんが金メダルを獲得。素晴らしい活躍ですね。
私が13歳の夏は…と考えると夏恒例の「あなたの知らない世界」をテレビで見ては、夜になると怖くなっていた。なんて幼かったのか😁
そんな夏休みが思い出されます。

 さて、選手の活躍を報道するテレビばかりですが、TBS「報道特集」では、会場で大量に廃棄されているお弁当などの問題を報道していました。SDGsに貢献、食品ロスを掲げておきながらなぜ、賞味期限が切れていない食料の廃棄が行われているのか?食べられる食品を廃棄とは本当にもったいない。

 この連休を利用して帰宅した娘と「ハイパーハードボイルドグルメリポート」を丁度、視聴したばかり。ご存知の方も多いと思いますが、この番組は、【生きることは、すなわち食べること。危険や困難の中で暮らす人達は、どんな食事をして日々を生き抜いているのか? 食を通じ、驚くべき世界のリアルを見てみよう】をコンセプトに危険な場所にも潜入取材し、そこでの食を紹介している番組です。(テレビ東京/NetFlix)

リベリアの元少年兵たちの暮らしも含めた食卓やロシア・シベリアのカルト教団の食卓。そして、フィリピンでは、ファーストフードの残飯を集めそれを収入としている子ども達など。異色のグルメ番組とされていますが、現実の厳しさを突き付けられます。
今回も自分がどれだけ豊かな生活が送れているのかを考えさせられました。

まだ、食べられる食材を廃棄する2021年のオリンピック。
どこか違う惑星の話?

会場からの食品廃棄は、
今日の時点でもまだ解決されていないようです。

ワクチン接種

今日は、今年一番の暑さだそうです。これから夏本番ですから、この記録も日々、更新されていくのでしょうが、”今日も暑いですね”という挨拶と一緒に最近、交わされるのは「2回目も終わりましたよ」「副反応もなくよかった」などなど、ワクチン接種についての会話です。

白岡市公式ホームページより抜粋

登録済接種対象者15,370人という事なので、65歳以上の方、基礎疾患をお持ちの方、エッセンシャルワーカーの方がこの人数に入るのかなと思います。先日、突如打ち出された国からのワクチン供給減。白岡市は対象ではありませんが、埼玉県内では川越、所沢、春日部。また、ときがわ町、横瀬町、皆野町、長瀞町、東秩父村は、ワクチン保管用冷凍庫がなく、近隣の自治体で接種を行っていることから、希望がないとみなされ1箱からゼロになったということです。ワクチン接種については、当初から国に振り回され混乱の中、自治体は最善の方法で頑張ってきているのに、この対応は酷いです。「早く打たないと」と言われながらも、供給が減らされてしまったら順調な接種は望めませんね。

 沖縄では、「ワクチンを接種していない人は、飛行機に搭乗させるべきではない」そのような要望が沖縄医師会からデニー知事に出されるのでは…という話が出ているので、真意も確かめるために沖縄の議員さんに早速、現地の状況を問合せました。沖縄にお住まいの方もワクチン接種していないと沖縄から出ることが出来なくなりますし、”何よりも観光業が潰れてしまう”と嘆いておられました。そして、情報収集して再度連絡を頂くことに。

第5波と言われる感染状況で、尚且つワクチン供給は減らされる。東京都は緊急事態宣言下。この状況でオリンピックが開催されることがやっぱり理解できません。

”濃厚接触者だとしても対戦チームがOKを出せば、試合に出場できる”
出場の判断を対戦チームに任せる???

今朝のテレビでも
「オリンピックに関しての感染症ガイドライン作成、そして判断は、いったい誰が行っているのかわからない」という事を医師が話していました。そして、パンデミックの中、開催される大きな大会について検証ができるようにしっかりと記録を残す必要がある。そのような話からは、
感染症が拡大する中で開催したらどうなるのか?と言った実験を行うかのように感じます。

今回のオリンピックは復興五輪。
「2011年に始まった東京2020大会の招致活動では、スポーツの力が東日本大震災の被災地に夢と希望をもたらすことを訴えました。復興オリンピック・パラリンピックは東京2020大会の原点です。スポーツの力で被災地に元気と感動を届けます。そして、様々な困難を乗り越え、復興へと歩む被災地の姿を世界に発信し、支援していただいた人々に感謝を伝えていきます。(東京都オリパラ準備局HPより)」

被災地の話は伝わってきませんね。それよりも「コロナを乗り越える、打ち勝つ」ための五輪に変わったようです。


私が生まれる1年前の1964年開催の東京オリンピックって、どんなだったのだろうと検索してみたところ、1940年に一度開催権を返上し、その後日本及びアジア地域で初めて開催されたオリンピックだった事を知りました。
「東京オリンピックの開催権を返上した後に参戦した第二次世界大戦で敗戦したものの、その後急速な復活を遂げた新日本が、再び国際社会の中心に復帰するシンボル的な意味を持つとされる。」とWikipediaに記載があります。
この大会は日本にとって大きな意味があったのですね。

今回の大会は、どんな意味を持つのでしょうか。
開会まであと4日です。

ごみ集積所まで運ぶのが…

白岡ニュータウンでは、自治会で資源ごみの回収を行っており、その費用は自治会で開催するイベントなどに充てられています。

市議になる前でしたから、今から3年前になりますか…。
住民の方から”新聞などの資源ごみは重たくて集積所まで運ぶのが大変なんです”というご意見を伺ったことをきっかけに、翌年から自宅前での回収ができるようにいたしました。その当時のブログに書きましたが、これも人の縁ですね。

貴重なご意見をくださった住民の方との縁。
実績のある業者さんをご紹介くださった春日部の友人との縁。

コロナ禍では、対面による人の接触がなかなか出来ずにいますが
このような縁は、やはり対面から生まれてくるものですね。
 そして、その縁と縁がつながる事で新たなことが生まれてくる。
会派名であるTSUNAGUもそのような由来から来ています。

 さて、6月の広報しらおかと一緒に配布された中に環境センターだよりがあります。こちらの5ページに記載されている「ふれあい収集」をみなさんご存知でしょうか?
ごみ出しが困難な方に代わって、ごみ出しをして下さるサービスで
対象者は、
❶65歳以上で一人暮らし、ごみ出しが困難な方
❷障がいがある方のみの世帯のかた
❸要介護認定を受けているかたのみの世帯の方 となっています。
詳しくは、環境センターの廃棄物対象課 0480-92-8839にお願いいたします。

 ”団地の中でボランティアを募りごみ出しを行っている”と以前、テレビで見たことがあります。超高齢化に向かう中、さらに助け合いながら、補い合いながら暮らしを守っていく。そこには、地域の力が確実に必要になるだろうと思います。

理解しようとする努力から生まれるもの

浴槽の水栓を引っ張ろうとした時に”ぴきっ”と腰あたりに嫌な感覚が…
えっ?こんな事ぐらいでと思いましたが、せっかくの休日も激痛との戦いになってしまいました。健康で毎日過ごせること、そして助けてくれる家族がいることの有難さを感じる二日間でした。

 どんな事においても、その立場にならないとわからない事って多いですよね。だからと言って”わからないから”ではなく、理解しようとする力と想像する力を私たちはもっていますね。中学時代の恩師は、”完全に理解することは無理だけど、理解しようとする気持ちを持つこと”の大切さを教えてくださいました。

 私自身が辛さを感じなかったことから、全く知らなかったことの一つにUD(ユニバーサルデザイン)フォントがあります。このフォントの開発は、10年ほど前からだそうですが、私は一昨年までこのフォントの存在を知りませんでした。教えてくれたのは、斎藤信治議員です。なので、私たち会派のレポートは、なるべくこのUDフォントを使用しています。

「発達障害のある人の中には視覚過敏がある人もいて、「ハネやハライの先端など文字のとがっているところが自分に迫ってくる感じがする」「明朝体のうろこや教科書体の筆の入りの形状に目がいってしまって、文字として読めない」といった理由から教科書体や明朝体を苦手としていることも。中には「明朝体を見ると吐き気がする」なんて言う子どももいるそうです。そういったケースでは、シンプルなエレメントの方が読むときのストレスがないんですよ」https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/20/news088.html
「教材の書体を変えるだけで子どもの読解力があがった」本文より

”自分は頭が悪いと思っていたけれど、そうではなかった”
UDフォントの開発により、生きづらさから抜け出させた方がいます。

わからない ではなく理解しようとする努力。そしてその様な想像力から誰かを助ける力は生まれてくる。

私の腰の痛みはわからないけれど、私を助けてくれる家族に同じことを感じた2日間でした。

ウイルスにGWなし

5月2日報告の白岡市内コロナ感染者は11名で、この数字には驚きました。一方、若い世代への感染が拡がっているという報道がある中、白岡市の1例目から見てみると、感染者の年代は変わっていないのがわかります。変異ウイルスでの感染なのかを知ることが出来ませんが、どちらにしても気を緩めることなく防ぐしかありません。

 ワクチン接種については、約7割の自治体で高齢者への接種が5月中に開始されるとの報道がありました。白岡市も現在、85歳以上の方の予約を受付けており、5月12日から接種開始となります。

市民の方からは、”要望した人は、必ず接種できるのですか?”や
”宮代町は11,000人分確保とされたが、白岡市はどうなっているのですか?”などのご質問を頂きます。
●集団接種と個別接種の違い 
●感染者数や人口での割り当て 
●接種する医師の人数などで、ワクチンの配分数が違っているそうです。

白岡市は基本、個別(病院やクリニック)になり、通常診療を行いながらの接種となります。例えば、問診から始まりお一人の接種に10分かかったとして、1時間に6人。8時間接種し続けたとしても、一人の医師で一日に48人しか打てません。接種できる医師の人数に限りがありますので、ワクチンのみ大量に確保できたとしても、冷凍庫に保管しておくだけになります。
5月下旬からは、潤沢に提供できるとされていますので、順調に接種が進むことを期待したいと思います。

 また、5月号の広報しらおかと一緒に”自宅療養の手引き”が配布されました。

今後、自宅療養者が増加することを見込んで東京都や埼玉県で手引きが公開されたのは1月ごろだったと思います。それを受けて”白岡市でも作成して欲しい”と藤井市長に要望し今回の配布となりました。
4月15日に現在(月に2回のみ埼玉県から報告を受けるとのこと)、自宅療養者は1名ということですが、家庭内感染を防ぐためにも手引きを活用して欲しいと思います。

 また、先進的な取組を展開し注目されている大阪府寝屋川市では、食事の配給やオンライン授業などに加え、同居家族への感染を防ぐために、感染していない家族に対し住居の提供も始めました。

このように自治体ごとの取組は様々ですし、感染しているウイルスも地域により違いがあるようです。いずれにしても昼夜問わず、そしてGWもないウイルスとの戦い。気を緩めず過ごしていきたいと思います。

コロナ病床確保のため、入院できない現実

 先週、実母が高熱で意識を失い救急搬送されたのですがコロナではないだろうとの事で、PCR検査をせず薬のみ処方され帰宅しました。
その日の深夜、また意識を失い救急搬送されましたが”次の日に検査予約があるから、そこで診てもらって下さい”と帰されました。幸い病気も特定され、薬が効いてきたのでしょう。それ以来、意識を失うこともありませんが、なにせ89歳です。水分がとれないだけでもガクッと落ちていきます。そして、同じ日に2度も意識を失ったことも心配で入院をお願いしましたが、”コロナ病床確保のため無理です”と断られてしまいました。入院できたらどれだけ安心だったか、入院できない事での不安を身をもって経験しました。
(注:病院によって対応は違うと思います)

 そして、今回の事でわかった事は服用している薬の多さです。
服用する薬は10種類。それも朝だけ、昼だけ、寝る前だけという薬もあり複雑極まりないです。病気により病院も違うため、その都度処方される薬が増えています。でも、本当に必要なのかどうか?母は考えず処方されたものをただ服用するだけです。また、薬のパッケージが変わっただけで分からなくなってしまったり。高齢者にとって薬の服用は誰かの手助けがないと難しいものだと実感しました。
先日、ブログでもご紹介した小原道子さんがおっしゃっている「訪問薬剤師」。この存在が本当に必要だと思います。
 
 そして、もう一つ。利用できる行政サービスを知らないということがわかりました。母は担当者の名前だけで憶えているため、利用できる地域包括支援センターを知りませんし、食事の宅配サービスなども実施していることも知らないのです。
居住地の自治体ホームページを見れば、すぐに情報は探せますが母はインターネットは使えません。また、視力も落ちているので広報誌も目を通していないようです。こう考えると情報が届かない高齢者は多数いるのだろうと思います。これは、大きな課題ですね。

私は、今まで何もして来なかったことを反省です。
そして、母が我が家で過ごしている間に居住地の行政サービスを調べ、
利用できるようにしようと思います。