野々口まゆみと白岡市の未来を創る会

日々のいろいろ

4月26日にワクチン1箱

3月4日(木)国会・参議院予算委員会をYoutubeで視聴しました。
やはりコロナ対策の質問が多いですね。

ワクチン接種については、「4月26日に全ての市区町村に1箱が供給されます。」と河野大臣が答弁されていましたが、白岡市の65歳以上の人口は約1万6千人。1箱は1000本ですので、2回接種することを考えると500人にしか接種ができません。
切れ目のない供給を…とも答弁されていましたが、供給スケジュールは未だ不確定という感じです。
接種優先順位や大まかな接種時期が公表はされていますが、ワクチンの供給次第で大幅にスケジュールが変更されることになります。

他方、インフルエンザワクチンは流行する秋口からの接種が常であり、コロナワクチンもこの時期の接種が有効ではないかとおっしゃっている方もおられます。
政府はワクチン接種を来年2月までに終わらせるとしていますが、どうなるのでしょうか。

緊急事態宣言も2週間延長になりそうです。
経営悪化のため、ボーナスが下がったというサラリーマンの話もよく聞きますが、新白岡では新白岡駅東口にあった床屋さんは、昨年早い時期に閉店され、新白岡駅西口にあった居酒屋・魚民も2月28日で閉店となってしまいました。
コロナの影響は、このように身近なところにも出ています。

一日も早く収束して欲しいと切に願います。

夫婦の榧(かや)の木

おはようございます。今日も朝からとても気持ちの良い天気でお散歩日和ですね。

白岡駅にある榧の木。みなさんご存知でしたか?
私は、ほとんど白岡駅を利用することがないため、存在を知りませんでした。
昨夜、Twitterでこの榧の木を紹介してくださっている方の投稿を拝見し、私も知りました。

2014年広報しらおかより

白岡駅1番線の脇にあり、樹齢100年を超え。鉄道敷地内には数々の種類の木がある中で、榧の木は非常に珍しいそうです。しかも、夫婦。
なんとなく♡に見えますね。

そして、一番歴史の古い榧の木は、白岡八幡宮にあり、樹齢500年を超えるそうです。http://www.city.shiraoka.lg.jp/11041.htm(白岡市のHP)

白岡市ホームぺージより

このtweet主は、白岡市民の方ではありませんが、このような形で白岡を取り上げて下さることは、とても嬉しくありがたいです。
まだまだ、知らないことが多い白岡市の魅力。

夫婦の榧の木は、恋愛成就♡
訪れたカップルは、ゴールイン!
なんて話題になり、駅前が賑やかになる妄想をして
ワクワクする土曜日の朝です。

阿修羅の正義(2)

コロナ感染者の為に必死で治療にあたられている医療従事者への
誹謗中傷。
感染した方が発信しているSNSへの投稿にも、心ない言葉が並びます。
 また、学校現場でもコロナを理由に子ども達のいじめが発生するのではないかと昨年から懸念されておりました。

都留文化大学非常勤講師 寺崎 賢一氏が 月刊誌・生徒指導で
「正論を逆手にとったいじめにはカント道徳を」というタイトルで、学校現場におけるコロナ禍のいじめ対応について取り上げています。

【正義より善を重んずべき】どのような困難にあっても「人間の心」を忘れてはいけない。コロナ禍においても、いじめをするまで過剰になってはいけない。ということを学校現場で、子ども達に教えて欲しい。
「飛沫でも接触でも感染するぞ」といった正論(正義論)を盾にして、陽性者が出た家族の子どもや医療従事者の子どもに「いじめ」をするまでに過激になるのは《阿修羅の正義》に陥ってしまっていることを意味する。
「正義と善とは違います。よく考えて正論よりも善を優先して生活をしていきましょう」教師からの呼びかけが、今は大切ではないでしょうか。と書かれています。

正しいことであっても、心を忘れてまで押し通すことは正義ではないという事ですね。

大人はどうなのでしょうか。
家庭内での会話。
職場での会話。
コロナを怖がるあまりに、そのような言動はなかったか?
心までなくして人間界から阿修羅界に落ちていないか?
私も日々、気を付けていきたいと思います。


もっと寝ていたい

長い休みの後は、”行きたくないな””もっと休みたいな”と思うのは、子どもだけはなく、大人も同じですね。お正月休み明け、みなさんはいかがですか?

私は、長い休みなどに関係なく、朝起きた時に気分がすぐれず、”あ~もう何もかも嫌だな”という気持ちになってしまう日があります。起きて活動しているうちに、その気持ちはなくなっているのですが。何日も続く日もあれば、一日で終わる日もあったり。前日の夜に食べ過ぎたせいかな?とか、そのすぐれない理由を探してもわからないのです。
こんな気持ちになるのは、もしかして私だけ?などと考え出すと不安になったり。 

 昨日、購入した「 THE BIG ISSUE」。
タイトルは”こんにちわ!絶不調”。精神科医や作家など著名人10名が、不調時の気晴らしの術を書いているページを読み。「これだ!」と思いました。
 圧倒的な無力感に襲われる。何をやっても疲れる。誰にも会いたくない…辞書に書いてある絶不調の定義だそうですが、まさにこれです。
そして、誰しもがこのような気持ちに陥る時があって、なんとなく気晴らしの術を見つけているという事。
私の場合は、朝起きてから数分でこの気分はなくなることが多いので、動き出せば、どうにかなってしまうのだと思います。術というものでもないですね。

コロナ予防のために外出を控えたり、公共施設も閉鎖のためサークル活動もできなかったり。違う環境になるとストレスも溜まったりし、不調を感じることが増えるかもしれません。単純作業の繰り返しは、ストレス解消になると聞いたことがあります。”こんにちわ!絶不調”が来た時には、自分なりの術を持っているといいですね。

本文から抜粋… 「理想を求める、完璧主義の社会で生きるのは難しいと思う。僕は【ただの人間だ】という事実を時々忘れてしまう。本当はありのままで十分だと思う」エリック・マタレーゼ。

雑誌 THE BIG ISSUEについては、
映画(実話)【ボブという名の猫 幸せのハイタッチ】で知りましたが、今回の記事が掲載されているvol.397は、友人からの紹介で手にとりました。(ありがとう!)
他にも何冊か手元にありますが、どれも素晴らしい内容です。
この雑誌については、次回詳しく…

残すところあと3日

今年も残すところ、あと3日となりました。皆様には今年もたくさんお世話になり誠にありがとうございました。

例年であれば、夫の実家に帰省いたしますが今年は、白岡市でのんびりと年末年始を過ごす予定です。と言っても明日からは、日頃さぼっている家の大掃除と久ぶりにお節料理の用意になりますが。

年末の大掃除と言えば、ごみの処分が必要になりますね。蓮田白岡環境センターに持ち込まれる方も多いかと思いますが、本日は受付から会計まで約1時間~1時間30分かかっています。私は、待っている間、再放送していた”ごくせん”を懐かしく視聴していたので、さほど苦痛ではありませんでしたが、覚悟は必要ですね。

なお、以前にもお知らせしました環境センターのアプリで収集日や環境センターの混雑予想などを確認することができますので、ぜひダウンロードして活用してみてください。収集日については、お住まいの地区を登録することにより、下記の様にその地区にあったカレンダーが表示されます。

これは焦った

危うく騙されることろでした。Amazonのアカウントは、家族で使用しているので、私以外の誰かが使った?と思えるような微妙な金額。だけど、無視できるほどの金額ではないため、”Amazon Payを使ってる?”と娘に確認しそうになってしまいました。

よく読めば日本語も変なのですけどね。この何とも言えない金額に正常な感覚を失うところでした。

ネットでこの手の詐欺がないかを”Amazon Pay 詐欺”で検索したところ、すぐに出てきました。巧妙な手口ですね。今日は、同じメールが2度届きました。

みなさんもお気をつけくださいね。

そしてこちらは、本物。コロナ経済対策のプレミアム付き商品券が当選し、本日、引き換えに行ってきました。当選しないだろうなと思って応募しましたが、当選するとやっぱり嬉しいですね。

助け合える関係

9月12日(土)新型コロナウイルスの埼玉県内の新規感染者は、37人と減少傾向です。白岡市内の保育所や幼稚園、小中学校においても感染の確認はなく、ホッとする共に感染予防に取り組まれている先生方のご苦労に感謝の気持ちしかありません。また、朝夕も少しづつ涼しくなってきたので、熱中症の心配もなくなっていきますね。

私は久々に風邪を引いてしまい、熱はありませんが咳が酷いので他の方に移さないように、 ここ2日間は自宅でゆっくり過ごしています。 夫から移った夏風邪なので、コロナの心配はありませんが。

でも、考えますよね。家族がいるので身の回りのことも助けてもらえますが、一人暮らしだったら体だけでなく心も辛いだろうなと。

コロナに関わらず、一人暮らしで病気になった時。助けてくれる人が身近にいることが重要ですね。隣に誰が住んでいるかわからない、そんな希薄な人間関係よりも、いざとなったら助け合える関係が地域で作られていること。当たり前のことだけど、一番大切だと考える時間になりました。

 

就活生に関わるSNS利用

企業調査センターが 2020年9月7日から新卒の求職者が作成している「裏アカウント」を特定するサービスの提供を開始すると発表しました。 就活生の“裏アカウント特定サービス”が登場 88%の確率で裏アカウントを特定 https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2009/04/news105.html

SNSを利用されている方には、なじみのある裏アカウント。普段使うアカウントだけでなく別のアカウントを作り、普段使いのアカウントでは、発信できないことを投稿したりしているようです。今回の記事では、就活生がSNSの利用実態を調査されるので、就活用のアカウントを作っている。そして、それさえも見抜いてしまうよと言った内容です。

従業員の不適切なネット利用により、企業が損害を受ける事例は以前から発生していることから、就活生のSNS利用を調査する企業は増えています。就活生よりもアルバイトによる不適切画像の投稿で、閉店に追い込まれた事例などの方がより身近に感じられるかもしれません。

この後、お蕎麦屋さんは閉店に
(画像はネットから)

この調査がどこまで信頼できるのか?間違いはないのか?といった問題は否めませんが、そこまでしても就活生のSNS利用実態を調べるのは、企業を守るためであり、情報リテラシーやモラルが高い人材を必要とするのは当然のことだと思います。

”将来、自分の過去で苦しむことがないように発信する情報の影響を考えて”と中学生以上の講座では伝えてきました。就活用アカウントを作っても調査される時代。そして、2003年の上記の画像が未だにネット上にあることを考えれば、一度ネットに載せた情報が”いつ、どんな形で使われるのかはわからない”という事を考えて利用しなくてはならないということですね。

数年前は、不採用になった学生がその企業の人事担当のSNSを特定しネットに晒したといったこともありました。便利だけではないネット。SNS利用に関しては、大人も同じですね。

47歳よ!年齢は私の一面に過ぎないわ。

 最近、台所に立つ時によく視聴しているのが、「アメリカズ・ゴット・タレント」というオーディション番組です。Britain’s Got Talent イギリス版の番組からは、スーザンボイルが誕生したことで有名ですね。

Youtubeより

スーザンの素晴らしい歌声は聞いたことがありましたが、オーディション場面をじっくりと見たのは初めてでした。審査員から”年齢は?”と聞かれた時にスーザンが言った言葉。これが今回のブログのタイトルにした言葉です。

なんて素敵な言葉を語る女性なのでしょうか。彼女の人柄がその言葉一つで伝わってきます。それなのに、続けて夢を語るスーザンに対し、審査員も会場も少し馬鹿にしたような空気。きっと彼女は、今までの人生の中で沢山このような場面に出くわしてきたのだろうなと思い、調べたことから少しだけご紹介します。

9番目の子どもとして誕生した彼女は脳に軽い障害を持って生まれ、学習障害だったそうです。子ども達からのいじめだけでなく教師からもベルトで打たれるなど、壮絶な子ども時代だった事がわかります。”普通に暮らすことはできない”そんな医師の診断を受けた幼少期…

 でも、それを打ち消し彼女は歌手になるという夢を叶えました。彼女の透き通った歌声を聞いた審査員と会場の観客の驚いた様子。そして、審査結果を待たずに退場しようとする彼女の愛らしさ。何度、見ても感動的です。

感染拡大の報道に気持ちが疲弊しがちな毎日。だからこそ、この番組を見ています。

 そして、”医療従事者や感染者を誹謗中傷をしないように”などと理解を求める声明が出されてしまう今の世の中。スーザンの歌声を聴く前の会場にいる人たちとなんら変わりがありません。

 でも、知ることで変われます。もっと温かい気持ちを持てます。そう信じたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=JTiCvI8B5Ps  スーザンボイル

https://www.youtube.com/watch?v=MWFvxSXIGHs 9歳の女の子の素晴らしい歌声

思い込み

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか  にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば  じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて  わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく  (ネットより拝借しました)

上の文章に似たものをインターネット啓発講座の中の「思い込み」という話に使っていたことがありました。文字だけのやり取りは、感情がわからないので、ただでさえ誤解を生みやすいですね。何気ないやり取りなのにトラブルに発展してしまうのは、情報不足からくる思い込みが多くあるように思います。一度、悪く捉えてしまうと悪い方へ、悪い方へと考えてしまうものです。だから、相手に伝わるように明確な言葉を使うこと、会話よりも言葉選びを慎重にしないとトラブルになりやすい事などを伝えていました。

 さらに、自分で作った文章は、間違いや脱字が見つけにくいものですね。私もブログを公開する前に読み返しているのですが、それでも脱字があります。今回、「思い込み」というお話を書いたのもブログを読んで下さっている方からご指摘を頂けたのが きっかけです。ありがとうございました。

ブログも文字です。そして、日常のやり取りも電話より文字に頼ることが多い生活です。どうせなら、良い方への思い込みが多い方がいいですね。慎重に言葉を選び、また誤字や脱字がないように気を付けようと思います。

いつも よでんいただき あがりとうございます!